乳酸菌のサプリを選ぶ際のポイント

乳酸菌のサプリを選ぶ際にまずチェックしてほしいのが、乳酸菌が生きて腸まで届く、となっているかどうかです。乳酸菌は食べ物と同様、胃酸で大半死滅してしまうので、カプセルなどできちんと保護され、腸まで届く仕様になったものを選びましょう。そして、できればオリゴ糖が一緒に配合されているものを選びましょう。これは腸内の善玉菌のエサとなる物質なので、オリゴ糖が乳酸菌と一緒に届けば、その働きをより活発にすることができます。最後に、続けやすい物を選ぶことです。あまりに高すぎて続けられないものや、飲みにくくて続けるのが苦痛になりそうなものなどは絶対避けて。毎日続けることが一番大切なのですから、財布にも体にも負担の軽い、続けられるものを選びましょうね。

乳酸菌ってどういうもの?

乳酸菌と一口にいっても、実はその中にはたくさんの種類があることを知っている人はあまり多くないかもしれません。乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作りだす菌の総称で、もともと人間が腸内に持っているものです。この乳酸菌は、腸内環境を良い状態に維持するという働きをしています。また、それ以外にも発酵食品を作るために使われてきました。ぱっと思いつくのはヨーグルトやヤクルトなどのいわゆる乳酸菌飲料だと思います。これを摂取したらそのまま腸内の乳酸菌が増えるのかというとそうではありません。生きて腸まで届けるには、特殊な乳酸菌を摂取するか、胃酸に負けないようにカプセルなどで保護する必要があります。しかし、生きて届かないとまったく役に立たないこともないのです。死滅した乳酸菌は、生きている乳酸菌のエサとなり、結果として腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えるのです。ですから、乳酸菌は食べ物でもサプリでも、積極的に摂取した方がいいのです。

乳酸菌が腸内に増えるとこんないいことが

乳酸菌の主な働きは、ざっくり言うと腸内環境を整えるということです。人間の腸内には善玉菌と悪玉菌が住んでいます。この悪玉菌は腸内でアンモニアやニトロソアミンのような有害物質を作りだします。これは有害な上に悪臭のもとにもなるものです。そして、作りだされた物質は腸から体内へと吸収され、血液にも入り込むため、体全体に悪影響を及ぼします。腸の動きが悪くなれば、便がスムーズに排出されなくなり、便秘になります。いつまでも老廃物が排出されないとそれが腐敗し、ガスが発生してお腹のハリや臭いおならの原因にも!乳酸菌を意識して摂取すれば、腸内の善玉菌が増えて悪玉菌を減らし、活動を抑えるのでこれらの不快な症状が改善されていきます。また、腸の活動が正常化されるので、便秘だけではなく、下痢に悩む人にも効果があります。

腸まで届く乳酸菌ってどんなもの?

では、どんな乳酸菌が腸まで届きやすいのでしょうか。まず最初に挙げられるのは、やはりサプリメントとして摂る乳酸菌です。サプリメントは、カプセルに包まれていたり、きちんとコーティングされていたりして胃酸に負けずに腸まで届くような工夫がしてあります。手軽に確実に腸に乳酸菌を届けたいのならそういうものを利用するのが楽です。今はヨーグルトなどを見ても「生きたまま腸まで届く」と書かれたものが増えています。もちろんこれはそれが実証されたからこそ明示されているのですが、乳酸菌は生きている菌ですので、温度などの影響で生存率は変わってしまうということを知っておきましょう。また、たいてい記載はされていませんが、植物性の発酵食品に含まれている乳酸菌は生きて腸までたどり着けるものが多いそうです。動物よりも過酷な状況に置かれることの多い植物に存在する乳酸菌は、動物性に比べて胃酸にも強いと言われています。乳酸菌を腸まで届けるにはサプリ、「生きたまま腸まで届く」と明示されているもの、そして植物性の発酵食品を取り入れるのがベストです。

こんなにある、特殊な乳酸菌とその働き

インフルエンザが流行ると、店頭から姿を消すヨーグルトがあります。それは1073R-1という乳酸菌が入っている「明治ヨーグルトR-1」。なぜかと言うと、この1073R-1は他の乳酸菌に比べEPSを多く生産するからです。このうちの酸性のEPSは、免疫と関係のあるナチュラルキラー細胞を活性化させる物質の産生を促す働きがあるので、免疫力がアップし、インフルエンザのような感染力の強いウイルスにも負けない体を作ることができるのです。それ以外にも、もともと私たちの腸内にある善玉菌であり、便通を良くする働きをしてくれるビフィズス菌、ヤクルトに含まれ、生きたまま腸に届いてビフィズス菌を増加させる働きがある乳酸菌シロタ株、カスピ海ヨーグルトに含まれており、整腸作用や免疫力の向上からコレステロール値や血糖値の改善まで幅広い効果が期待されるクレモリス菌、生きたまま腸まで届き、便通の改善等の他に、ガンなどの大きな病気を予防する働きがあると言われて注目度が上がっているラブレ菌などがあります。また、ラブレ同様に注目を集めている乳酸菌として、ピロリ菌の活動を抑制する効果があると言われるLG21というものもあります。これ以外にもたっくさんあるので、興味のある方はさらに探してみてくださいね。